入れ歯

歯を失ってしまった場合の処置として、歯科インプラントが誕生する前から長い間、用いられてきた治療法が入れ歯やブリッジです。入れ歯とは、歯の欠損した歯肉の上に人工の歯を乗せて咀嚼機能を回復するものです。

歯が抜けたまま放置していませんか?

歯が抜けてしまったものの、放置している方はいませんか?歯が抜けたままの状態で放置をしていると、時間をかけてお口の中が変化してきます。

まず「挺出」といって、かみ合っていた反対側の歯が出てきます。例えば下の歯が抜けたのであれば、上の歯が下がってきます。また両隣の歯が、抜けて空いたスペースに徐々に傾きます。これらの変化は歯並びを悪化させるだけでなく、発音や噛み合せにも影響を与える可能性もあります。

ブリッジってどんなもの?

ブリッジとは失った歯の両隣を少し削り、そこに被せるようにして装着するタイプの義歯です。ブリッジは健康な両隣の歯を削る必要があり、義歯を被せることで長年使っていくうちに支えている歯が破折してしまうことがあります。

しかし、きちんと設計をした上で作られますので、手入れとメンテナンスを行えば長く使うことが出来ます。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

金属製のクラスプ(歯を支える金具)がないタイプの入れ歯で、目立たないため審美性に優れています。弾力性があるので、装着時に違和感がありません。

コバルトクロム床

比較的安価で提供することが可能な材料です。金属が持つ高い強度によって床を薄く製作でき、高い熱伝導率により飲食物の温度を感知しやすいことが特長です。

チタン床

チタンは大変軽く、柔軟性があり、インプラントの材料としても使われるほど生体親和性が高い材料です。金属床の中で最も薄いため、装着感も良好です。

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • マタニティ外来
  • 患者様の声