一般歯科

「歯が痛い」、「歯が欠けた」、「銀歯が取れた」など一般的な症状にお困りでご来院されたときは、一般歯科の治療を行います。
症状をお伺いした上で検査を行った後、治療方法に了解いただけますと実際に治療を開始します。ご不明な点や気になることなどございましたら、お気軽にご質問ください。

なぜ虫歯になるの?

子供の頃は特に悩まされた人が多い虫歯ですが、その原因は虫歯菌を含むプラークが歯に付き、そこで出す酸によって溶かされることにあります。
また、虫歯治療を行った歯と被せ物の隙間から虫歯菌が中に入り込み、再び虫歯になる場合もあります。

いずれにせよ、毎日のケアと定期的な検診をすれば防ぐことができます。以下では、虫歯の進行段階とその一般的な治療法をご紹介します。

ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。適切にブラッシングを行い、エナメル質を修復するフッ素を塗れば治療することができます。見た目では虫歯だと分かりにくいです。

エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだ状態で見た目でも虫歯だと分かります。まだ痛みはありませんが、冷たいものがしみることもある状態です。虫歯が小さい場合は対象部分を削り、レジン(プラスチック)で削った部分を補いますが、虫歯の進行具合によっては、インレー(詰め物)による治療が必要になります。

象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質のところまで虫歯が進行した状態。冷たいものだけでなく甘いものもしみるようになり、ときどき何もしていなくても痛みます。虫歯部分を削り、インレー(詰め物)を詰めます。

神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになり、何もしていなくても激しく痛みます。感染した神経などを除去し、内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

歯根まで達した虫歯

歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死んでしまったため、いったん痛みは引きます。多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能を補います。

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • マタニティ外来
  • 患者様の声