小児歯科

小児歯科では、お子様の乳歯がきちんと生え、そして適切な時期に次の永久歯に生え変わるという乳歯の役目をサポートします。

生え変わるからと言って、放っておくと乳歯はすぐ虫歯になってしまい、下に控える永久歯や歯並びにも影響を与えることがあります。

乳歯は虫歯の進行が早い

子供の頃の方が虫歯になりやすかった気がするという方はいますか?実は乳歯は永久歯に比べ、エナメル質が柔らかいため虫歯になりやすく、進行も早いのです。

そのため、なるべく早期に発見しなくては、治療のため歯を削ることにつながり、その分乳歯の寿命が短くなってしまいます。

乳歯の虫歯予防

柔らかいエナメル質を持つ乳歯は、きちんと歯磨きをしているつもりでも虫歯になりやすいものです。しかも、生えたばかりの歯が完全に硬くなるには2~3年ほどかかると言われています。それでは乳歯の虫歯は防げないのでしょうか?

実は乳歯には歯質を強化する方法と、物理的に磨き残しやすい溝を埋めるという虫歯予防を施す方法があり、虫歯になりにくい歯にすることができるのです。

フッ素塗布

酸によって溶かされようとしているエナメル質を再度硬くしてくれる再石灰化の作用があるフッ素を歯に塗る虫歯予防方法です。

フッ素には虫歯を促進する細菌類の活動を弱め、酸の発生を抑える働きもあります。一度塗っただけで効き目が長く続くわけではないため、定期的に繰り返し塗ることで効果が現れます。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の窪みを、薄いプラスチックで埋め、滑らかにする虫歯予防方法です。
特に奥歯の窪みは複雑な形をしていて深いため食べかすや細菌が溜まりやすく、毎日歯磨きをしていても少しずつ虫歯になっていくことがあります。
そこで、シーラントを施せば、磨きにくい奥歯の窪みを虫歯から守ることができるのです。

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • マタニティ外来
  • 患者様の声